パルクール

視点

パルクールの様々な呼び方と捉え方

"Art Du Deplacement" by YAMAKASI


Art Du Deplacementは世界で最初につけられた名称でこの運動を的確に示したものである。直訳すると"移動の芸術"。どんな場所へも移動する方法であり、心身の強さを求めていく方法である。

 

メンバーであるLaurent Piemontesi氏は "Art of Living" と表現し、生きる上で直面する障害を乗り越える方法であり人の生き方を表す思想として捉えた。

 

"Parkour" by David Belle(YAMAKASI)

 

ParkourはDavid Belleによって作られ現在では最も普及している名称。

素早い移動動作を焦点に実践しているのがDavid Belle氏である。

"Free Running"

by Sebastien Foucan(YAMAKASI) : named by Guillaume Pelletier

 

Free Running は Channel4(英)ドキュメンタリー「JUMP LONDON」

制作時に Guillaume Pelletier によって作られた名称である。様々な動作・エッセンスを取り入れ自由に動く事を焦点に実践しているのが、同ドキュメンタリーに出演したSebastien Foucan氏である。

 

いずれもArt Du Deplacementの多面性をどこから捉えたかで実践の方法が変化します。名称や方法が違えど、より自然に人間本来の強さを求めていくものであれば、それはパルクール(Art Du Deplacement)なのです。